<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

えー責任重大なリー

Journal of Clinical & Experimental Cardiology
の試みでreviewerを複数だったのが、一人にしてみようということだった。
確かに複数の人がみるとよくなることもあるのだが、トゲがなくなることもある(そのトゲが魅力だったりする。)
僕も昨日のweb conference(自宅で深夜4時ころ、参加して、意見をのべたが)
早速第一号で僕が一人reviewをすることになった。
今paper送られてきたが、、、、、責任重大だね。
まあimpact factor 1.8の雑誌だしねー。
[PR]
by hclinic | 2013-05-25 09:54

明日から日本整形外科学会です。

が、患者さんが大事なんで学会に行くのは日曜日かね
[PR]
by hclinic | 2013-05-22 17:47

さすがマッシー池田

先日某有名人マッシーと合う機会があって、彼の言動を検証して見た。
さすが5年前に指摘してたけど、発言が過激すぎて、当時は無視されたんやね


既に死んでるランセット
ランセットが,”北斗の拳”状態であることを示すエビデンスには,もう,事欠かなくなってきた.ランセットは世界最大の生命科学系出版社エルゼビアの看板雑誌である(基礎系雑誌の有名どころでは,CellやTrends in シリーズがやはりエルゼビア).つまり,典型的な商業誌だ.掲載の優先順位が金に左右される危険性は常にあるので,ランセットが自ら墓穴を掘って死亡宣告を下したからといって何ら驚くにはあたらない.

その墓標に2007年に追加された論文は,ろくろくランセットを読んでいない私がちょっと考えただけでもこれだけある.

Lancet. 2007; 370: 1687-97:焼き直しFIELD study 主要評価項目でプラセボと差がつかなかったという結果がすでに2年も前に出ている(Lancet. 2005; 366: 1849-61)FIELD study の三次評価項目の後付け層別解析.こんなみっともない論文の掲載は,六条河原の晒し首と同じ扱い.

Lancet 2007; 370: 591-603:全くの根拠無しにARBは最善の降圧剤と賞賛する,製薬企業の宣伝ビラ顔負けの降圧薬の提灯持ち総説.

Lancet. 2007 370: 221-9. 降圧剤を重ねたら,重ねた方がより血圧が下がったという,小学生にもよくわかる試験結果を紹介しただけの論文

Lancet. 2007; 369: 1431-9.:Jikei Heart Study. 事実上のオープン試験で,バルサルタンの有効性を主張.primary endopointを試験の途中ですり替えるという,前代未聞の裏技もランセットは見逃してくれることを証明した点で画期的な論文

いずれも,たった一つだけでも,ランセットに死亡宣告を与えるに十分な”インパクト”を持った論文である。2008年は,ランセットにどんなに質の悪い論文が載っても,誰も驚かなくなる年になるだろう.
(2007/12/31)
[PR]
by hclinic | 2013-05-20 22:08

何が節税対策だー。

 不動産会社、イオン(調べてもらったら大手のイオンとは全く違うようです。)となのっていたが、勤務中に再々電話してきて、病院にー
あまりにしつこいので、警察に自動録音しているテープとともに通報しました。。。。
相談すると、直接の被害(金銭)はないが、精神的苦痛を伴っていること
先生の友達や、家族を装って、受付からつないでもらっていることより、成りすましに該当するとのこと
立件も視野にいれてくれることでした。
警察も親切に対応してくれました。
[PR]
by hclinic | 2013-05-19 19:30

検索ソフト使えなーい

お金で検索が上位に出るんかねー
まあ新聞やテレビよりはいいか?
ノイズの情報が多すぎるー
[PR]
by hclinic | 2013-05-05 10:41

検索ソフト使えなーい

お金で検索が上位に出るんかねー
まあ新聞やテレビよりはいいか?
ノイズの情報が多すぎるー
[PR]
by hclinic | 2013-05-05 10:40

SPSSの弱点だね。

 せんじつある雑誌をreview(何で僕のところにcardiologyの雑誌のreview)をしていて、特にstatsの所をみてくれとの依頼があり、SPSSはグラフが弱く、統計的には優位なんだが、ロジスティック回帰モデルで、Goodness of fittingを確認するためにHosmer-Lemeshow testをするとそうなってしまうが、グラフにすると明らかに、沿ってこないことがあるということを理解できないことがある。しかしここまで解っている学者がどこまでいるのだろうか?ということでrevisionにしました。
[PR]
by hclinic | 2013-05-02 09:22


DR Kumeの編集日記


by hclinic

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 11月

最新のコメント

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31